入出退勤の手間をなくせる勤怠管理システム

subpage01

勤怠管理は入退勤の時刻や休み、残業など従業員の勤務時間の管理を行うためのもので、様々の企業で導入されています。

以前は入退勤の時刻を把握する上では、タイムカードによる打刻の方法が主流となっていましたが、現在はICカードや生体認証による方法を採用し、専用の機器に挿し込んだりかざすだけでその情報を瞬時に管理することが可能です。


またビルなどでは関係者以外の入退を防ぐためのセキュリティ機能が強化されますが、勤怠管理システムではその記録を残すこともできる様になるため、さらにセキュリティの強化にも貢献します。

勤怠管理システムの情報サイトを利用して良かった。

勤怠管理システムを企業が導入する最大のメリットは、従業員の勤務時間などの情報を正確に把握することが出来る様になることです。

また瞬時にトータルの勤務時間の計算を行ってくれるため計算したり、記憶に頼った勤務時間の管理とならないことで、無駄を省く効果があります。

自動的に計算を行ってくれるシステムになっているため、人間の手で計算や勤務表を作る必要性もなくなります。データのバックアップシステムも採用しておけば、万が一の場合でもデータを失わずに済みますので、正確性を維持することもできます。

安心、信頼のgoo ニュースはとにかくお勧めです。

しかも勤怠管理システムでは給与などの計算までする機能まであり、今までの多めに申告されることが多かった勤務時間を正確な時間とできることで、コスト削減効果をもたらします。


勤怠管理システムでは人事などで事務の効率化にも貢献するため、それに関する事務仕事が少なくなることで、他の業務に力を入れることも可能で、企業が導入することでメリットが大きい特徴があります。



知りたいIT事情

subpage02

仕事をする上で大切なことは、何時から何時まで働いたのかになります。個人が管理したとしても、それを証明する術がなければ、どんな報告をしても問題はないです。...

NEXT

専門知識

subpage03

勤怠管理システムとは出勤時間、退社時間を時間をデータで管理するシステムのことを言います。把握しようとするのは、就業時間の全体と残業時間の管理、出欠の記録管理を行うことを眼目としています。...

NEXT

知っておきたい常識

subpage04

様々な職種の事業所において共通する業務内容のひとつに給与計算があります。従業員の勤務実績に基づき、基本給だけではなく、各種手当の算出や社会保険料の支払いなど、様々な計算を経て、実際に支払われる給与金額が支払われるます。...

NEXT

予備知識

subpage04

勤怠管理システムを導入することによって、さまざまな業務を改善したり効率化することができます。勤怠管理をタイムカードで管理しているなら、勤怠管理システムを利用することによってタイムカードの紙代をカットすることができるし、集計作業を削減することができるので、結果的にコスト削減に繋がることが可能です。...

NEXT