勤怠管理システムを利用して業務を効率化しよう

subpage01

勤怠管理システムを導入することによって、さまざまな業務を改善したり効率化することができます。
勤怠管理をタイムカードで管理しているなら、勤怠管理システムを利用することによってタイムカードの紙代をカットすることができるし、集計作業を削減することができるので、結果的にコスト削減に繋がることが可能です。労働時間をきちんと管理することができるようになるので、残業時間や休日出勤の有無、休暇の管理をきちんとすることができるようになります。



近年コンプライアンスが重視されているので、勤怠管理システムが何かあれば通知してくれるので、行政からの勧告を受けることもないです。

BIGLOBEニュースの分かりやすい情報はこちらです。

指紋認証や静脈による生体認証を活用したり、顔による認証システムのものがあり、本人以外は不可能ということになり、不正な処理を行えなくなります。

勤怠管理システムを導入することによって、人事や勤怠に携わる人だけの業務効率がアップするだけではありません。



中にはスマートフォーンによるアプリケーションとも連携しており、出張先や外出先から出勤や帰社を打刻することが可能です。


出勤や帰社の打刻をするために、わざわざ会社に行かなくてもよくなり、もちろん自分のデスクからも打刻することもできます。

勤怠管理システムによりますが、給与管理を行っているシステムをインポートすることができ、給与計算から勤怠管理まで一貫して作業したり管理することができるようになるでしょう。