導入が進む勤怠管理システム

subpage01

勤怠管理システムとは出勤時間、退社時間を時間をデータで管理するシステムのことを言います。把握しようとするのは、就業時間の全体と残業時間の管理、出欠の記録管理を行うことを眼目としています。

社員の就業形態を時間軸で正確に認識することが出来るため、有給休暇の消化具合や給与計算を事実に基づいて計算することを可能にしており、労務管理を合理化する対処手段として大企業を中心に導入が進んでいます。
勤務状況をエクセルなどに手入力しデータをグラフ化することによっても客観的把握は可能ですが、報告作成者の主観や予断が介入する余地があり、必ずしも正確なデータ把握が可能であるとは言えない状況にあったことは否めません。

またデータ管理の為に要員を確保する必要にも迫られ人件費が嵩む要因とも認識されてきました。



そこで勤怠管理システムは従業員が多数に上る大企業において先駆けて導入が進んできた背景があります。ICカードや生体認証カードを併用して導入することでセキュリティー環境の向上にも資することにもなり、情報セキュリティーの問題の重要性がいつになく増している現在ではコンプライアンス環境整備の上からも注目が集まっています。

今話題のエキサイトニュースについて詳しく説明しています。

特に過労死問題の背景に存在する恒常的な長時間労働を抑制する観点からも、勤怠管理システムの活用が検討されつつあります。出勤退社のによる労働時間の正確な把握は、長時間労働是正のための重要な基礎資料を提供してくれるからです。