勤怠管理システムを導入するメリット

subpage01

様々な職種の事業所において共通する業務内容のひとつに給与計算があります。従業員の勤務実績に基づき、基本給だけではなく、各種手当の算出や社会保険料の支払いなど、様々な計算を経て、実際に支払われる給与金額が支払われるます。

こういった給与計算は、ほとんどの事業所で給与算出システムを導入して行っていますが、残業手当にかかる時間外労働時間は、集計作業を手入力しているのが実態であり、非常に多くの労力が必要となっています。


事業所において、給与計算などの非現業部門の関節業務にはできる限り、人件費を節減したいのが本音ですから、残業手当にかかる集計作業の簡素化は大きな課題なのです。



そこで、最近注目されているのが勤怠管理システムです。

ジョルダンニュース!について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

これは、従業員一人ひとりがタイムカードなどで、出退勤時刻を打刻することで、そのデータが勤怠管理システムに集積され、給与算出システムに自動的に連動される仕組みとなっています。



給与担当者は、これまでのように社員一人ひとりの時間外労働時間を集計する必要がなくなりますから大幅な効率化となり、結果として非現業部門の人件費の削減にもつながります。


また、勤怠管理システムを導入することにより、社員一人ひとりの総労働時間を管理することもできますから、いわゆる不払い残業などの不適正事例の防止にも役立ちますから、まさに一石二鳥だと言えるのです。
最近では、タイムカードの代わりにスマートフォンに専用アプリを導入する方式も開発されており、今後、さらに便利なシステムに進化することが予想されているのです。